日頃から酵素を取り入れる食事を心がける

 酵素はダイエット効果やデトックス効果、健康促進効果が期待できるものですが、体内で生成できる量には限界があります。

 

また酵素は不規則な食生活やお酒、ストレスなどで消費されてしまうものなので、意識的に酵素を含んだ食品などから摂取することが必要です。

 

 

酵素はどんな食品に含まれているのか

 

 酵素は非常に熱に弱い性質を持っていますので、通常は生の食べ物などから摂取します。

 

野菜や果物、お刺身、 味噌などの発酵食品に多く含まれています。

 

 

酵素含有量が高い食べ物

 

 アボカド…さまざまな種類の酵素を含んでいるのが特徴。熟しているほど酵素の量も増し、ダイエットに効果的な脂肪分解酵素もふくまれている。

 

ブロッコリー…抗酸化作用やデトックス作用がある酵素を生成する。

 

バナナ…消化吸収作用を助ける働きがある、消化酵素を含んでいる。

 

納豆…血液をサラサラにしてくれる「ナットウキナーゼ」を含んでいる。ナットウキナーゼは食品の中では納豆にしか含まれていない。

 

 

酵素を無駄にしない

 

 酵素を効果的に摂取していても、酵素を無駄に消費する生活を送っているのでは意味がありません。

 

酵素は暴飲暴食、過度のストレス、不規則な生活、アルコール、添加物の入った食べ物、脂質の多い食べ物など、さまざまな要因で消費されてしまいます。

 

酵素の力を十分に発揮するためにはなるべく酵素の消費が少ない生活を送ることが必要ですが、現代に生きる私たちには、なかなか難しいことのように思います。

 

なかなか食事などで酵素をうまく摂取することができないという方には、酵素ドリンクや酵素サプリメントなどで酵素を補うという方法があります。

 

酵素には老化を防ぐ働きなどもあるので、いつまでも若々しくありたいという方にも、酵素ドリンクやサプリメントはおすすめです。