酵素って何?

 酵素とは、人が生きていく上では必要不可欠な物質です。

 

酵素の種類には、「消化酵素」や「代謝酵素」、「食物酵素」があり、私たちの体内の活動と密接に関わっています。

 

ここではこれら3つの酵素を見ていくことで、「酵素とは何か」ということを解き明かしていきましょう。

 

 

栄養分を消化・吸収するための「消化酵素」

 

 消化酵素は食べたものの消化に使われる酵素で、栄養の吸収を助けます。

 

唾液の中には「アミラーゼ」という消化酵素が含まれていて、炭水化物を糖に変える働きを持っています。

 

また胃液に含まれている「プロテアーゼ」はタンパク質をアミノ酸に変えてる働きを持っています。

 

 

吸収した栄養素を使うための「代謝酵素」

 

 代謝酵素は吸収した栄養素を体中の細胞に運ぶ働きを持っています。

 

また体に有害な物質を体外へ排出する働きや、免疫力向上作用も持ちます。

 

体を動かすためのエネルギーを作るのも、この代謝酵素の働きです。

 

代謝酵素が不足すると免疫力が落ちて病気にかかりやすくなり、健康への悪影響が出てきてしまいます。

 

 

体外から摂取する「食物酵素」

 

 食物酵素は体外から摂取する酵素の総称で、摂取することで体内の酵素の消費を抑えてくれます。

 

食物酵素を摂取することで体内の酵素を効率良く機能させることができます。

 

ですが酵素は熱に弱く、食物から必要な分を摂取するのはなかなか難しいです。

 

食物酵素は野菜や果物、ヨーグルトや納豆などの発酵食品に豊富に含まれており、効率良く食物酵素を摂取するには加熱しないで生のままで食べることが必要です。

 

また毎日野菜や果物、発酵食品などを摂り続けるのが難しい方は、酵素ドリンクなどのサプリメントを活用すると効率良く摂取できます。

 

 

 以上より、酵素は私たちが生きていく上では絶対必要な物質ということがお分かり頂けたと思います。

 

しかも人間が酵素を作る力には限りがあると言われているので、酵素を体外から上手に取り入れて体内の酵素の消費を抑えてあげることが、健康や美容には効果的なんです。