酵素と酵母はどう違う?

 酵素と酵母は、どちらも私たちの体にとっては無くてはならないものですが、その役割には大きな違いがあります。

 

 酵素はタンパク質の一種で、食べたものを消化・吸収したり、ダイエットの重要なポイントである「代謝活動」などに関わってくる物質です。

 

酵素は人間が生命活動を営む上では非常に大切なものなのですが、熱や酸に弱いというデメリットがあります。

 

ですのでサプリメントや酵素ドリンクなどで効率的に摂取することをおすすめします。

 

 

 一方、酵母は発酵食品を作る際によく利用され、熱や酸に強いというメリットがあります。

 

また酵母にはビタミンやミネラル分なども含まれています。

 

そして酵母は酵素と違って「生き物」だという点も、酵素と酵母の大きな違いとなっています。