酵素の働き

 酵素とは一体、私たちの体にとってはどのようなものなのでしょうか?

 

ここでは酵素がどのように役立っているのか、見ていきたいと思います。

 

 

健康や長寿に大きく関わっている

 

 酵素は私たちの健康維持に大きく関わっています。

 

食べたモノの消化や吸収、呼吸活動、免疫作用など、あらゆる身体活動と関わっています。

 

体内の酵素が少なくなると、身体活動に色々と支障が出てきます。

 

 

生産できる酵素の量は決まっている

 

 私たちの体が一生の間に生産できる酵素の量は決まっていると言われています。

 

酵素が生産できなくなければ私たちは死んでしまうので、酵素は非常に大切なものなのです。

 

 

酵素を節約するには

 

 体内の限りある酵素が消費するのを抑える方法があります。

 

それは体外から酵素を摂取する方法です。

 

食品などから酵素を摂取すると、体内で消費される酵素をの代わりに機能してくれるのです。

 

ですから酵素を体外から摂取するということは、健康維持のためにも効果的な方法なのです。

 

 

酵素で血液サラサラ

 

 酵素は血液をサラサラにする効果をも持っています。

 

腸などに酵素が不足していると、栄養吸収がスムーズに行われないので、吸収できなかった糖分や脂肪分が血液中に溶け出し、ドロドロ血液になってしまいます。

 

ドロドロ血液はそれを処理してくれる腎臓やや肝臓に負担をかけてしまいます。

 

 

便を出す効果

 

 酵素は排便にも影響を与えています。

 

酵素が不足すると食べた物の消化吸収がしっかりおこなわれないので、腸内に宿便が溜まってしまう原因にもなります。

 

宿便があると腸内に悪玉菌が広がり、ガスが発生し、健康にも影響が出てしまいます。

 

また腸内で発生したガスは口臭などの原因にもなっています。

 

 

酵素を減らさないために

 

 酵素は不規則な食生活やストレスで消費されてしまいます。

 

また現代人の食生活は酵素が少ないと言われているので、ますます食品からの酵素摂取を意識したいものです。

 

酵素は生の魚や肉、生野菜やフルーツ、漬け物などの発酵食品に豊富に含まれています。

 

食べ物だけで毎日摂取するのが難しいという方は、酵素ドリンクや酵素サプリメントなども市販されています。

 

 

 酵素を上手に生活の中に取り入れて、健康的な毎日を送りたいものですね。